ヨガ・オブ・ボイス ・リトリート2019

 

 今年は熊野でリトリートです。 

 

 

 熊野といえば、熊野古道・熊野三山など世界遺産として有名な場所。大自然に囲まれた日本の聖地としても知られています。

そんな熊野が今年のリトリート会場です。

 

会場近くには滝があったり、

世界遺産である「熊野川」が流れていたり、

また、滝の上流には遊歩道があり、

自然豊かな森の中を散策して楽しむこともできます。

夜には満点の星空が望めます。

 

豊かな自然に囲まれ、

健康的な美味しいお食事と、

自分らしく居られることが許される時間と空間の中で、

ヨガ・オブ・ボイスのワークショップをご体験いただきます。

 

日帰りのワークショップと違って

4日間、日常から離れて、どっぷりと自分のための時間に浸かることで

より深いご自身との対話につながります。

 

何より寝食をともにシルビアを過ごすことで、

個別な課題に対してのアドバイスを

シルビアから直接にもらえた参加者もたくさんいらっしゃいます。

 

また、プラクティショナーのサーティフィケート(認定)をお考えの方は、

リトリートへの参加が、必須となります。

 

 

ぜひ、ヨガ・オブ・ボイス・リトリートで、

さらなるご自身の成長を目指してください。

<詳細>

【日 時】2019年6月1日(土) 15:00スタート 〜4日(火)15:00終了 

 

 

【会 場】飛雪の滝キャンプ場 https://hisetsu.jp/main/access/
(三重県南牟婁郡紀宝町浅里1409−1)

*会場へのアクセス(詳しくはこちら

*電車で来られる方は、JR新宮駅に6月1日の14:00に集合してください。 

 リトリートの大まかなスケジュールはこちらをごらんください。JR新宮駅までJR名古屋駅またはJR新大阪駅から特急で約3時間30分

JR新宮駅まではスタッフによる送迎あり。

お迎えのお時間帯以外は、タクシーのご利用となります。
駐車スペース有。

 

 

【参加費】

 6月1日(土)〜6月4日(火) 3泊4日 ¥180,000(税込: ¥194,400) 

 

 *3泊4日分の宿泊費と6月1日夕食〜6月4日昼食までの食費を含みます。 

 *現地までの交通費は含まれません 

 *お支払い方法はこちらをご参照ください

 

 

〜ご遠方の方は前泊も可能です〜

  1泊2日 15,000円(税込16,200円)

*5月31日夜・6月1日朝の特別セッションがついています(参加は自由)。

*5月31日の夕食、6月1日の朝、昼の簡単な食事はご用意しますが、リトリート期間中の食事とは異なります。

 

※すべてのプログラムは日本語の通訳付で、日本人スタッフのサポートもございます。


日本で開催された最初のリトリートから参加して、サーティフィケートも取得されたミュージックセラピストの高橋 和奈枝さんとシルビアとの対談動画です。字幕が表示されない場合は、字幕ボタンを押してください。

ヨガ・オブ・ボイス プラクティショナーの認定制度

ヴォックス・ムンディ・スクール認定のプラクティショナーになるには、シルビアからの直接の指導と100時間のトレーニングが必要です。日本でヨガ・オブ・ボイス サーティフィケートを目指すには、毎年1回、シルビア来日時のリトリートにご参加いただくことで、時間数のカウントになり、直接の指導が受けられます。(日本でのリトリートのご参加のみで、4年かかります。) 

サーティフィケートに関しては、こちらをご参照ください。

 

リトリート期間中は、ヨガ・オブ・ボイス・ファシリテーターからの随時のサポートとシルビアからの直接の指導を受けることができます。

 

参加者の声

自分の課題をどのように解決したらいのかを教えてもらえる

濱田理恵さん(歌手、作曲家・作詞家)

 

魔法のような体験。シルビアは現代の魔女。シャーマンではないかと思いました。

 

自分の声があまり好きじゃ無いと思っている人、歌うことがあまり得意じゃ無いと思っている人に参加してほしいです。

今までに埋められなかった答えが、全てヨガ・オブ・ボイスにありました。

根来泉さん(歌手、ボイストレーナー)

 

どんなボイストレーニングにもなかった、世界中のいろんな歌のかけらを集めたメソッドで

皆が楽しみながら声を出せるようになると思います。

自由によいと思うことをやっていく勇気をいただいた気がします

N.Wさん/40代女性<会社員>

 

・参加前は、声やインドなどに馴染みないのに、なぜ申し込んでしまったかと尻込みしていましたが、シルビアさんのお人柄と声にあっという間に魅了され、慣れない用語も丁寧な通訳をして頂き、毎日気持ちよく声を出すことができました。

 

・3日目の朝のワークを1時間ほどした最後、Om Shanti Shanti Shanti.. と口にしたとき、声が胸の奥から背中に突き抜けるように響き、背骨の下から上まで、細かいスパークした電流が走り、体全体が共鳴しているのを感じて、涙が止まらなくました。

 

・リトリートの4日間シルビアさんの言葉や声に耳をすませ、参加されたみなさんと声を合わせていくことで、すべてが腑に落ち、人前で音を開放することへの怖さや不安、別に私じゃなくていいという自信のなさとかが壊れ、自由によいと思うことをやっていく勇気をいただいた気がします。安心して、開放できる場を作ってくださりスタッフの皆さまにはとても感謝しています。

・リトリートの後も、録音したワークを聞きながら声を出す度に、あの空間に帰ることができ、これからも続けていきたいと思います。

声を出すことが嬉しくなり、世界観まで変わってしまいました

50代女性

<ご参加前>

人前で声を出す。特に歌うことについて、強い抵抗があります。子供の頃から声への否定的メッセージを度々受け取りそれを「信じて」来たからです。上記の経験がインナーボイスとして残っていて、声を出そうとすると喉のところで止めてしまいます。常に喉のあたりに「つまり」を感じるようになってしまいました。

 

声を自由に出せないことで「表現力」や「創造力」が妨げられているような気がします。少しでも声を出すことへの恐れや抵抗を手放したいです。

<ご参加後>

リトリートでは大変お世話になり、ありがとうございました。まだ感動を感謝の気持ちでいっぱいです。少しでも声を出すことへの恐れと抵抗から自由になりたいという気持ちで、参加することそのものもハードルが高いものでしたが、シルビア、すみれさん、真理子さん、スタッフや参加者の皆さんの温かいサポートで、想像以上の体験をさせていただきました。今は、声を出すことが嬉しくなり、世界観まで変わってしまいました。本当に声はマジックですね。

またお会いできることを楽しみに、学びを続けていきたいと思います。

私が言葉にしなかった私の中にある問題をズバリと言い当てられました!

Y.Hさん/40代女性【音楽家】

 

シルビアはエネルギーを感じられる人で、なぜリトリートのきたのか、個人セッシ ョンに何を望んでいるかという話をしている段階で、私のことをズバリ言い当てま した。

私が言葉にしなかった、私の中にある問題についてです。 この人の前では丸裸だなと思いました(笑) 自分を偽ってもバレバレなので、ある意味では、私自身を偽らなくてもいいという ことですね。

本当の自分を知られることはとても怖いのですが、エゴを手放しサレンダーするこ とは、私自身が変わるために必要なことだと思います。

私にとってのリトリートは、自分のままでいる挑戦が出来る場です。

 

 

肩書きや「私」という存在さえも関係なく、「ここに在る」を 感じられました。

 

1人で声を出すことも心地良いけれど、自分の声の振動を身体の中で感じ、そばに いる方々の声の振動も同時に感じながら、大勢で声を出す一体感がとても気持ちよ かったです。

ステージに立ち、人々に向けて歌うことも素晴らしいことですが、自分の魂、細胞 の為に声を出してみると、世間での肩書きや「私」意識という存在さえも関係なく、 「ここに在る」を感じられました。 「私」意識が周りと一体化した後も、声を出した後の静けさを聴いている時、「私」 が身体にゆっくりと戻ってくるような、そんな感じでした。 これからは人々がもっと自分の声を好きになり、さらに自身の声のパワーを知って いけるような活動をしてみたいなと思っています。

 

 

自身のトランスフォーム(変容)のために声を用いて行うもの、 それがヨガオブボイス

大山口瑠美さん/【声のヨガ講師】

 

シルビアの個人セッションを受け、その後にエントリーしていた即興をさせてもら いました。 即興の場では、わたしの奥から、核から、音(声)が鳴り、響き出す・・・という経験を させていただきました。

ヨガオブボイスは、パフォーマンスではなく、自身のトランスフォーム(変容)のた めに声を用いて行うもの。 言葉にはしにくいけれど、私の中で大きなものが取っ払われ、リトリートへいく以 前に微かに聴こえていたあの不思議な声はもはや眠気まなこではなく、最前にお出 ましになりました。

「声を自由に!歌うことであなたの人生を豊かにする声のヨガ」

本当にその通り。。。

 

 

 

涙とともに古いものが剥がれ落ちました

S.Aさん/50代女性 【専門学校講師】

 

女神山という、緑豊かで懐かしさが湧き上がるエネルギースポットでの、魂の喜び に溢れる四日間でした。 シルビアの奥深い声と愛に触れ、ずっと深いところにあった本当の自分の声に出逢 うことができました。 涙とともに古いものが剥がれ落ち、「ただここにあること」に対する感謝が溢れ、 自他の境界がなくなるのを感じていました。

この体験に導かれたこと、アーツコミュニケーションの皆さま、女神山センターの スタッフの方々、弦一郎さん、参加者の皆さま、そしてシルビア...

すべてが愛と喜びに溢れた四日間。

本当にありがとうございました。 

 

 

本当の自分の声に出逢うことができました

Y,Nさん/40代女性

緑豊かで懐かしさが湧き上がるエネルギースポットでの、魂の喜びに溢れる四日間でした。

シルビアの奥深い声と愛に触れ、ずっと深いところにあった本当の自分の声に出逢うことができました。

涙とともに古いものが剥がれ落ち、「ただここにあること」に対する感謝が溢れ、自他の境界がなくなるのを感じていました。

 

大きな翼を得た心地です。

ゆだねて良かったです。参加して良かったです。

大きな翼を得た心地です。

教えていただいた素晴らしい方法を大切に続けていきます。

このワークショップを企画してくださってありがとうございました。(女性)

 


<通訳>

シルビアもお気にりの麻奈さん直筆の書の前で
シルビアもお気にりの麻奈さん直筆の書の前で

 

リトリートの通訳は、昨年のワークショップでも通訳をお願いした、青木麻奈さんです。

 麻奈さんからの参加の皆さんへのメッセージをいただいています。

 

「この度、皆さんと一緒にシルビアの声のマジカルな世界をお供させていただきます。シルビアが生み出す波長と共に皆さんとの媒体となれるように、ハートを解放しながら共に過ごしたいと思います。

密度の濃い時間となることでしょう。

その時間を分かち合えること、心から楽しみにしています!」

青木麻奈プロフィール

 

一人一人のハートを開いてありのままに生きることが地球の平和を創造するという想いでPeace Makin'Laboを主宰。2004年から北スコットランドにある共同体、フィンドホーンに通い、現在は日本でのリソースパーソンの一人としてフィンドホーンの日本語体験週間のオーガナイズを始め、自己成長とセルフラブを啓蒙するトランスフォーメーション(変容)ゲームやダンスのワークショップ等を提供している。

 

フラメンコの踊り手としてライブ活動なども行う一方で、フィンドホーンで出逢ったファイブリズムズとサークルダンスによって自身も繰り返し心身魂の統合を経験。ダンスやムーブメント、また輪になって踊ることに本質的なPeaceを創造する可能性を感じ日々深め、提案している。

 

HP http://manahouse.jp/


<食事>

健康的な美味しいお食事で身体の内側からも元気に!!

そして、シルビアとの交流を深める時間にもなります。

 

リトリート期間中の食事は、

朝・夕はタイのローカル料理が得意な寿海千鶴さんによるお料理、

昼食はお弁当となります。健康的な美味しいお食事で身体の中から元気になれます。 

 

アレルギーやベジタリアンの方などできる限り対応いたします。 

 

 

お料理担当:寿海千鶴さんプロフィール

 

 子供の頃はいつも祖母や母の台所仕事をのぞき込みながら手伝いをしたがっていた、特に料理を専門的に勉強したわけではないが、人の美味しい笑顔を見るのが大好き。タイ在住時クイティオ屋(ラーメン)経営。タイのローカル料理を覚える。カナダ在住時、タイ料理屋Take Thai Homeの厨房勤務、上高地の五千尺ホテル、フレンチのデザートのヘルパー及び従業員50~100人の賄い。 大阪Chedi luang 勤務、現在は農家民泊Jugemu にて宿泊のお客様に、自家農園でとれた野菜Farm to tableで料理を提供