伊豆高原リトリート*3日目

Vox Mundi Japan のブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

ヨガ・オブ・ボイス2016主催、(一社)アーツ・コミュニケーション・ラボ

事務局スタッフの吉田です。

 

シルビア・ナカッチ来日ワークショップ

伊豆高原リトリートのレポート3日目です。

 

前日、2日間コースに参加されたお二人がお帰りになられ、

少し寂しくなりましたが、

この日も朝から声を出して、充実した1日でした。

 

今日は、ワークの事ではなく、

私がいつも楽しみにしている

リトリートならではの、

食事の時間について書いてみたいと思います。

 

リトリート開催期間中は、

毎回自炊でお料理をつくります。

 

参加者みんなで、その日の当番を決めて、

洗い物をしたり、料理の準備をしたり。

 

1つ屋根の下で、

はじめて会う参加者同士が、

一緒にお料理をしたり、

片付けや、洗い物をしていくと

いつの間にか、

グループの絆が深まって行きます。

 

そして、毎回恒例の

アーツ表現セラピスト森すみれが

レシピを考えるお料理は本当においしいです!

 

地元のお野菜や、お魚をつかって

身体にやさしい、お料理を

当番の方々で、つくります。

 

毎回、「どうやって作ったの?」

「この味は、何が入っているの?」と

質問が飛び交います。

 

森すみれのレシピには、

隠し味が多く、味も最高です!

 

せっかくの旅なので、

外食するのも良いのですが、

 

身体の健康の事を考えて作られる

手づくりの、お料理があるからこそ、

 

声をずっと出し続ける事ができ、

最後まで体調を崩す事なく、

しっかりとワークに参加できるのだと思います!

 

この様に、

美味しい手づくりのお料理も毎回楽しみの1つですが、

 

食事の時間には、

もう1つの楽しみが待っています。

 

それは、

シルビアや参加者同士でたくさん交流ができる事です。

 

ワーク中は、

なかなか話ができないプライベートな話で盛り上がったり、

 

シルビアが色んな世界を旅して、

そこで出会った人々の事や、

 

世界中の歌の事、

シルビアの信念、

 

時には、

業界の裏話なんかもあって、

とっても楽しい時間なんです。

 

ワーク中にできなかった質問にも

シルビアが答えてくれます。

 

今日の夜の食事の時間には、

 

シルビアの提案で、

 

参加者それぞれの

長所をお互いに言い合ってみよう!

褒め合ってみよう!

 

という事になって、

 

それぞれの長所を出し合って

褒め合いをしました。

 

普段は、

褒める事になれていない私たち、

とっても照れくさかったのですが、

 

こうやって、

みんなで褒めることによって、

自分の長所を再認識したり、

他の人から見た意外な自分に驚いたり、

すごく充実した時間でした。

 

私もたくさん褒めてもらって、

とっても嬉しかったです!!

 

やっぱり、今日の食事の時間も

とっても充実していました。

 

さて、明日はいよいよ最終日です。

 

明日のレポートもお楽しみに!

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

写真は、昨年のリトリートの食後の片付の様子です。

今年の、リトリートの食事風景です。

主催:一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ 

〒650-0013神戸市中央区花隈町3-36-1A 

Tel&Fax:078-361-0128 

Email:info@a-c-lab.or.jp

 

 

ヴォックス・ムンディ・プロジェクトのサイトへは上のボタンからどうぞ(英語になります)。


メルマガのご登録はこちらから

メールアドレス[必須]
お名前[必須]

ニックネームでも構いません。